2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  Top↑

2009.03.03 (Tue)

飲了帳的なもの

20090303013805

平泉で「この人、大丈夫…?」って同行のお友達に呆れられる勢いで
義経・弁慶関係のお酒を買ったので、早速ちょっと飲んでみました。

特別純米 武蔵坊
(↓裏の説明書き引用)
>『米・米こうじ・水を原料とし、醸造アルコールを全く使用していない清酒。
>ふくよかでコクのある味が楽しめます。濃醇な辛口タイプです』

説明書きに辛口と書いてありますが、飲みやすいです。
口に入れた瞬間の雑味はあまりなくて、後から日本酒~!って味がします。
飲んだ後暫く舌の上によい香りが残る感じ。(これが『濃醇』というものか( ..)φメモメモ)
でも、後味も強すぎないので、いろんな料理に合わせられそう。

なんだ…?史実の弁慶さんのように剛直な味わい!とかくるかなと思っていたのに
思いのほか遙か的弁慶さん風で早速どぎまぎしています…。

だって…!純米酒でこのレベルだと、大吟醸とかになったときには
普段あまり日本酒飲みつけない女性でもするっと飲めてしまう
いけないお酒になるのではないかと…!
(意外と飲めてしまうので飲んでみる→アルコール度数は高いのでうっかりヘロヘロ)
大層心配になる味わいでした。

流石弁慶さん…旨いっす…。

…って、飲了帳って難しいな…。
語彙の少なさを痛感するよ…神の雫でも見て出直しますたい。
スポンサーサイト
01:38  |  from MOBILE  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。